資金面からFXを考える


FXは、比較的少ない資金から始められることから人気がでています。これは、投資自体に小回りが効いて短期間の取り引きにも充分に効果を発揮することができるという、FXの強みになります。
また、同時にこうした金融商品になかなか手を出すことができなかった、投資初心者の顧客に門戸を開く形になり、これもまた人気の秘訣になっています。
たしかにFXは、株取引のような従来の金融商品よりも、ずっと少ない元資金で始めることができますが、それでも、充分な資金を用意しておくことが重要になります。
簡単に聞こえたり見えたりするFXですが、その本質は株取引などと変わらない投資取引であり、リターンがあればリスクもあるのです。

例えば、1ドルが100円の状態で1万ドル分を買うとします。その際に必要な金額は100万円になります。
これでなかなか手が出せませんが、実際の取り引きにおいて、FX取引業者では裁定取引通貨単位というものが設定されており、購入する通貨はほとんどがこの1万通貨単位というものになります。
これには理由があり、FXが銘柄として扱っている為替相場の値動きは、平均として1円から2円程度なので、これだけの金額を資金として投資しても、利益は1万円から2万円という事になるのです。
FXではこうした状況のためにレバレッジという仕組みを用意しています。レバレッジとは、FX取引業者に証拠金という担保を預けて、一時的に資金を増やす仕組みのことになります。
このレバレッジを使うと元の資金を数十倍にまですることができます。例えば先の取り引き例であれば、20倍のレバレッジを使うと、100万円を用意しなくてはいけないところを5万円の投資で済むことになります。
この仕組みにより、FXは少ない資金から始められる、という事になっているのです。

ただし、このレバレッジにはデメリットもあり、利益を数十倍にすることができますが、その逆に、損失を負った場合には、その損失も数十倍にしてしまうのです。
先の例をもう一度出すと、5万円を用意して20倍のレバレッジを掛けて1万ドル分の通貨を買いました。今度はこれが相場の下落に出逢ってしまって、10円下がったとしたらどうでしょう。買っていた通貨の価値が10万円も下がってしまい、元の資金は5万円でしたから、投資した資金5万円を失った上に、さらに5万円の借金まで背負い込んでしまうのです。
これで、カラクリが分かっていただけましたでしょうか。
つまりFXは、少ない資金で始められはするけれども、少ない資金で続けていくことはできない、という性質のものなのです。
少ない元資金では、常に大きな損失を負うか分からない状態で投資をしなければなりませんし、最初のうちは相場を読むことも難しいため、あまり勝てることはなく、ある程度の回数を投資していき、実際の経験を積んでいかなくてはならないのです。

また、FXでは様々な通貨を扱っていますが、その中に俗にマイナー通貨と呼ばれるものがあります。
これは、日本では特に馴染みのない通貨を取り引きすることになるのですが、往々にしてその価格は安く、1南アフリカランドはおおよそ10円弱になります
例えば、この通貨でなら1万通貨分を買ったとしても10万円で大丈夫という事になり、なんとか資金をおさえることができそうな感じがします。
しかし、こうしたマイナー通貨は、相場の動きがとても不安定で激しい乱高下で大きな損失を招く可能性が高く、また、その通貨に対する経済情報なども極端に少ないために、投資の予測が立たないため、取り引きを行う事は非常に危険なのです。
こうした事から、初心者であればあるほど、FXを行うためには、ある程度の余裕を見た資金を用意して、心にゆとりを持ちながら、最初の数回を練習のつもりで投資し経験を積んでいくことが必要という事になります。
幸いにも、FXの取引業者の中には、1万通貨よりも低い最低取引通貨単位を設定している所もありますので、まずはウェブなどで確認してみるのが良いでしょう。