大きな目安となる雇用統計


雇用統計というものも、大きな目安となります。ここでいう雇用統計というのは、失業率や、非農業部門雇用者数、小売業就業者数、製造業就業者、そして賃金インフレ数、と言った項目からなりたっています。FXとは?と考えた時、取引に影響してくる様々な要因についても考える必要があります。


合計で、10数項目あります。そして、この統計は、アメリカの統計です。貿易収支について貿易収支というのも、重要な参考指数となります。基本的には、貿易における収支ですから、輸出金額と輸入金額のネットを示す数字となります。


urtこれによって、貿易黒字か、貿易赤字かを見極めることになります。貿易黒字の場合には、輸出金額は商品を輸出して受け取る金額、輸入金額は商品を輸入して支払う金額ですから、輸出金額が輸入金額を上回ることとなります。

引用: ハイロウオーストラリア.com


もちろん、貿易黒字の場合はその逆です。アメリカというのは、基本的には、貿易収支は常に赤字になっています。重要指標のひとつであることに変わりありません。 GDP GDPについては、ご存知の方も多いでしょう。


いわずとしれた、国内総生産のことです。 GDPというのは、Gross DomesticProductの略です。国内で産出された財やサービスといったものの付加価値のことを指す数値です。国内の生産活動を数値化しているものということができますので、その国の経済の動き、しいては景気の状況をしるためには、とても有用な指数だということができるものです。


このGDPは、四半期ごとでの更新となります。それが広報されるのは、だいたい、翌月になります。速報もだされますので、それを確認することも可能です。


実際に、確定して、確報値となるのは、3ヶ月後になります。 小売売上高について 小売売上高とは、デパートやショッピングモールといったようなところ、リテールに関する数値です。


といっても、その売上の全てを計算したわけではありません。小売業の売り上げをサンプル調査して出しています。そういった統計において、推測されるリテールの売上高をしめしています。これからFX取引やバイナリー取引を始めようと思っている方は、是非、世界の経済状況をニュースや新聞でチェックする事をお勧めします。 また取引ツールやチャート分析の使い方なども学んでおくのも良いでしょう。